「結婚したいなら、男性の胃袋をつかむのが近道」というのは古くからの定説です。そして、…

「結婚をしたいなら、男の胃袋をつかむべし」と格言のように言われていて、聞いたことのある人もいるとは思いますが・・

「結婚を考えるなら、男性の胃袋を掴んだほうが良い」と古くから言われていて、聞いたことのある人たくさんいるとは思いますが、それは真実ではないでしょうか。なぜかというと、結婚したなら、同じ屋根の下に暮らすことになります。そうなると、当然のことながら、一緒に食事を行うため、やはり料理が大好きで家事を面倒だと思っていない女性が必要とされているからです。・・・が、「どういった料理が得意ですか?」と質問されたとき、カレーライスやパスタと返すのはその後の印象を悪くするので要注意です。男性大半は、パスタではお腹が膨らみません。それに、カレーの場合は、市販のルウがあればいいので、余程オリジナリティのあるものでなければ得意な料理ですと言われても男性へのアピール不足といえます。「どのような料理が得意ですか?」と男性に聞かれたときに、お勧めのメニューは親子丼。気取ったイメージはないですし、非常に家庭的ではありますが、食欲をそそる見た目に仕上げるのは難しい料理でもあります。そのため、日頃から料理をしているんだな、と思ってもらうことができますし意外にも男性ウケする一品でもあります。ですので、実際に美味しく作れるように練習して、婚活に備えてみましょう。

婚活(結婚活動)を続けていると、面白い男性との出会い・・

長い間、結婚活動を続けていると、実に面白い相手との出会いが意外とあります。なかでも、特に強烈だったのが婚活しているタイミングで、家族(母親)と連絡をする相手がいたことで、本当に驚きました。家族仲が良いのは悪いことではないのですが、婚活中というのに、連絡を取り合う必要があるのでしょうか。その男性の初めの印象は悪くなかっただけにそういった場面を見ていなければ、その男性にアプローチしていたと思います。けれども、絶え間なく連絡を取ろうとしているので、婚活に集中できなかったし、見ているうちに気持ちが冷めていきました。この手の男性と一緒になったら、結婚生活がムチャクチャになりそうだったので、私はこの出会いを諦めると決めました。当然ながら、私の判断は間違ってないと思っています。

婚活(結婚活動)でするパーティーに参加しているうち…

結婚活動(婚活)目的のパーティーに参加をすると、毎回でなくとも気になる人と、LINEの連絡先の交換をする、といった事もあると思います。もしも、そうなったら、躊躇しないで、パーティー直後に、速攻でメッセージを送ってみましょう。もしかすると、すぐにメッセージなんて、あまりにも必死すぎて見苦しいなんて思ってしまいますよね?けれど、婚活でモジモジなんてしていると、せっかくのチャンスはそのまま逃げてしまいます。時間を開けるほど、交流するキッカケさえも失い、相手ともフェードアウトしてしまう場合もあります。LINEですぐさま、相手へメッセージを送ることで、「私はあなたにとても関心がある」という熱意を伝えられます。「私は人見知りだし、やっぱり恥ずかしい」とモジモジしたくなる気持ちを抑え、婚活のチャンスを生かすべく、LINEで連絡してしまいましょう。

結婚活動をしていても、成果が得られず、気分が落ち込んでしまい…

結婚活動中、成果が出せないことが原因で、精神的に落ち込んでしまい「婚活うつ」とよばれる精神疾患を患ってしまう人もおられるようです。そういった心の病を避ける意味でも、あまり焦ることなく自分自身のペースでがんばることも婚活ではとても大切なことです。だから、ピリピリしすぎず、まずは恋愛を楽しむ、というスタンスで気持ちにゆとりをもって活動を進めるとベストだと思います。スタートは、いきなり結婚相手選びを意識するのではなく、異性の友達をつくるという感覚で活動していきましょう。そしてそんななかで、波長があう人に巡り合ったときに、結婚を目標として真面目に意識しようくらいの気構えであれば、気持ちが楽になりますし、良い結果に結び付けられるはずです。焦りを抱えるのは、健康によくないです。そのうえ、表情にも出てしまうものです。ですから、ピリピリしすぎないようにして、婚活うつを回避していきましょう。

あなたが真剣に結婚したくて、婚活しているとしたら、自分自身の内面につ…

真面目に結婚しようと考えていて、婚活しているのなら、自分自身の性格について理解する必要があると感じています。愚痴が多いとか自己中心的、というような性格に問題があるといったことでではありません。自分自身の「精神的な強さ」についてです。自分の「精神的な強さ」に関しては、見直しておくと、成功率が高まるはずです。自分も、そういった意味での性格が良くないということを自覚し、どうやって直していくべきか悩んでいました。自分に問題があると自覚したのは、婚活中に相手から断られることが多々あったからです。性格を改めるためには、すくなくとも自身を認めることです。自身を認めることは、精神的な強さや自信にもつながるからです。自分自身に自信がなく、気持ちにゆらぎがあると相手にもそれがバレてしまい、一緒に過ごす価値のない人として避けられる可能性が高いです。失敗続きのころの私は、気持ちが弱かったことで、しょっちゅう避けられていました。そこで、自分に自信を持てるようにしようと考えたのです。もちろん、自信を単に持つだけでは意味がないので、「自分磨き」をしながら、気持ちを高めていくのがお勧めです。そのうえで、自身を信じてあげることから始めましょう。

相当長いあいだ、ともに生活している仲良しな夫婦のこと・・

数十年もの長い間、一緒に生活をともにしている仲の良い夫婦を世間では、「おしどり夫婦」と表現していますが、おしどり夫婦だからと言って、愛情のみで良い夫婦生活が続く保証はありません。いかにパートナーの嫌だと思う部分を許せるかも関係を続ける上では大切です。すぐに別れてしまうパートナー同士の場合、その原因となることは、パートナーを認められなくなる何かがあったからだと思います。結婚してからの生活が始まれば、当然、毎日顔をあわせなくてはいけないので、あなたに彼氏または彼女ができても考えてみると、長続きしないことが多かったというのなら、その相手のクセになっている動きや、言葉遣いなどにカチンときた場合、しばらくすれば、許せるかどうかを試してみてください。いくら時間が経っても、カチンとしてしまうのなら、おそらく長くは続かないでしょう。もしも、相手の言動に何か引っかかる場合は、結婚生活を始めたときに、毎日のようにケンカが絶えず、息をしているだけでストレスの元になる結婚生活を送らなくてはいけないかもしれません。