婚活に関して知識のなかった私は結婚活動を成功させるために、…

それまで婚活に関してあまり知識のなかった私は結婚活動(婚活)をしていくために…

  • 婚活に関して知識のなかった私の場合、結婚活動をしていくために、テレビの情報を参考にしていますが、テレビ番組の婚活を見ていると、不思議と「もっとがんばろう」という気持ちになります。そのうちに、どうせなら自分も婚活系のイベントにも参加してみようと思い始めました。またそういうテレビでは結婚活動(婚活)のテクニックもいくつも紹介されていました。そのような知識のない自分にとっては本当に助かりましたしテレビ番組を通して、「自分を過剰に飾らない」が大事なことなんだと学びました。どういうことかというと、自分を飾ることなくさらけ出し知ってもらうことで相手からの信頼を得られるのです。今後の婚活では、このテレビで得た教訓をもとに婚活をがんばってみようと思います。
  • 40歳を過ぎた人が、結婚相手がなかなか見つからな…

  • 40をを過ぎても、結婚する相手に巡り会えない、そのせいで婚できないというのは言い訳だと思います。40歳を過ぎていようが、年齢がどうであれ、本当に結婚する気があり、くりかえしの失敗にもめげない心があれば、いつかは結婚の可能性はあるはずです。その年齢まで独身でいる人は、さまざまな経験の蓄積によって、結婚相手の性格は、こうあるべき、また、年収はいくらないと話にならない、ルックスは、、、と希望条件を設定しすぎてしまうことが原因になっていることが多々あります。つまり、自分自身で結婚のチャンスを潰しているのです。それに加えて、40歳以上の人たちは、一人の期間が長かった分自覚はなくとも楽をしたいという想いもあって、なぜか相手に対して求めることも高くなってしまうようです。自身では気づけないかもしれませんが、客観的に見てみれば、単に「高望み」しているのかもしれません。
  • お見合いパーティーなどの婚活イベントの場では絶対プロフィール(自己紹介)カードが手渡さ・・

  • お見合いパーティーなどの結婚活動イベントでは必ずプロフィールカードが渡され、各自が事前に記入しておくのですが、そのプロフィールカードが話す話題を作る材料になるのです。ですから、他の参加者と似たようなことをうっかり書いてしまうと、印象が残らないばかりでなく酷い場合だと、他の人と混乱される可能性すらあります。以前、私の場合男性から後程称賛されたことですが、得意料理が他の方と被ることなく珍しいものだったということがありました。「肉じゃが」「ハンバーグ」「グラタン」といったものはとても印象が良いですがそういった料理は、他の女性とよく被ります。私の場合いつも「麻婆豆腐」「ナシゴレン」といった、料理を普段から作っている人しか作らないような、少しですがハードルが高いメニュー名を記入していました。もし、料理が得意なことを売り込みたいなら、あなたの本当の得意な料理より、相手にどう印象づけるかもしっかり計画してから記入した方が良いでしょう。
  • 婚活のためのパーティーなどに限らず、男性、女性に関わらず異性と出会ったと…

  • 婚活するために行われるパーティーだけのことではなく、男性、女性に関わらず異性との出会いの場で大きな武器となりますのが、ステキな笑顔であることは間違いありません。けれども、意識して笑顔を作ることは意外と難しいもので苦手だと自覚している人もたくさんいるのではないでしょうか。現に、自然とステキな笑顔を作れる人は少数です。「婚活でパートナーを見つけてやる!」と気持ちを高めるのはかまいませんが、気持ちが先走ると、大抵表情がきつくなり、頑張って笑顔を振りまいたとしても逆に、相手に怖い印象をあたえることになりかねません。気が付けば、フリータイムで誰からも話しかけてもらえないというのは、やはり問題があると考えるべきです。不自然な笑顔は要らないので、楽しいパーティーだなぁ、という、その場を楽しむ精神で行動すれば自然な形でコミュニケーションが取れてくると思います。
  • お見合いパーティーなどの婚活イベントにはいろいろな方々が…

  • お見合いパーティーにはいろいろな方が参加しています。本来の目的とは違いますが、女友達や合コン相手を見つけに来た方もいらっしゃいますし、まじめに交際相手や将来の結婚をする相手を見つけに来た方も、もちろん多くいらっしゃいます。女友達や合コンの相手を探しにきた場合は、今後の婚活につながることもあります。ところが、中には女性と付き合う気などさらさらなくて、単に今日一晩の遊ぶ女性を探している時も残念なことにあるのです。私が話した男性の中に、「今夜一緒に過ごしませんか?」と口を開くなりすぐ聞いてきた人がいました。思わず「は?」と聞き返してしまったのですが、その男性は「夏だから解放された気分になるので、僕と同じで、女の方もそういう気分で来ている方が絶対いるはずだと思う」ということでした。正直、ドン引きしてしまいました。私は当然断ったのですが、私を誘ってきたその男性は最終的にはカップルになっていたので、参加されていた女性陣の中にも実際にそういう考えの方がいたということになります。このことは、とても驚いた経験でした。
  • 結婚活動(婚活)をしていて結婚というものに対し理想や想いなどを再認識する方も多いのではないでしょうか。

  • 婚活をキッカケに結婚そのものについての理想や想いなどを改めて認識する方もいるのではないでしょうか。そして、無事に結婚できるかどうかのカギとして意気込みがどれだけあるのか?と結婚相談所の担当者に尋ねられることがあります。そのとき、性別に関係なく、その時の自分の想いとして、「明るく楽しい家庭をつくりたい」とか、「死ぬまで大事に思ってくれる相手と人生を一緒に歩いていきたい」などと、返答するかもしれません。長い目で見れば生涯のパートナーに必須なのは、空気のような存在になれるかどうかと言われているわけですが、しかし、現実は甘くありません。現実を見るとめでたく結婚して結婚生活に不満を感じている、その理由を聞いてみると、「夫・妻に対し新鮮味がなくなった」といった回答がかなりの数を占めています。